【ポケモンGO】シンオウカップ環境考察!稀にみる狭い環境の勝ち方を考えよう【GOバトルリーグ・シーズン10】

【ポケモンGO】シンオウカップ環境考察!稀にみる狭い環境の勝ち方を考えよう【GOバトルリーグ・シーズン10】

皆さんあけましておめでとうございます。

旧年中は色々記事の御反響や感謝のDMなど、大変お世話になりました。

本年も皆様のお力になれるGBL情報をちまちま発信できればと思いますので、

何卒今後とも「みらくるきゃんでぃーず」をよろしくお願い申し上げます。

あけおめ

    

来るべき1/11日(火)から新設特殊レギュレーション「シンオウカップ」が開催されます。

地方別カップとしてはカントー、ジョウトカップに続く形になりますね。

あれ?なんか飛ばしているような…

私ももれなくそう思いましたが、

と、ショウさんもおっしゃられてるので、今回は特別に気にしないこととします。

きっとナイアンなりの事情があるのでしょう。ラグチルがどうせ強いとか。ダイパリメイク出たからとか。

    

そんな感じで今回も恒例特殊レギュレーションの環境考察をやっていきます。

お暇な方はクリスマス辺りには100円売ってた春菊が年明け前後では300円くらいになった原因を探るような気持ちで見て頂けたら幸いです。

    

それではいきましょう!

     

レギュレーション確認

まずはおなじみレギュレーションの確認から。

  • CP1500以下が使用可能
  • 図鑑No.387~493のポケモンのみが使用可能

おなじみ地方レギュレーションのブラック・ホワイト版ですね。

地方レギュは、いつものタイプ別レギュ等とはと違いかなり使用可能ポケモンの選択肢が狭まるリーグです。

そして今回は久しぶりの新規開催レギュレーション。環境がイチから作成される訳ですね。

つまるところ、考察してる人としてない人との初動の差が絶対出やすいレギュレーション

レートの事を考えるなら、しっかり自分なりの回答を一回出して臨むべきかなと思います

     

有力ポケモン整理(SCP)

有力ポケモンの整理をしていくぞ~!!とはいえど

なんかいっこいっこ考えていくのめんどい!!

ってなりますよね。

とりあえずこんな時はまずSCPが優秀なポケモンから

上位の有力ポケモンを整理してみましょう。

    

トリデプス(うちおとす/ストーンエッジ/かえんほうしゃ)

SCP2004

兎にも角にもまずこいつ。限定レギュで出していいSCPではないのは誰もがわかっているはず。

こいつを通すか、それともこいつを絶対許さないか。それが問題。

(ダイノーズも一緒にメタ表入ってること多いけど、こいつがいるのに使う理由あるかい?)

    

クレセリア(サイコカッターorねんりき/くさむすび/みらいよちorマジカルシャイン)

SCP1815

狭いレギュレーションで出していいSCPじゃない奴その2。

ドクロッグ意識&通りが良さそうだからねんりき採用でも全然良い気がする。

     

ゴンべ(したでなめる/のしかかり/じならし)

SCP1693

高SCPからタイプ一致のしを連打する子。

カビゴンと比べるとサブウェポンが貧弱なのは否めないが、本レギュでは需要のある地面打点。

    

ミノマダムゴミ(ねんりき/アイアンヘッド/むしのさざめき)

SCP1679

事前予想ではすなちのミノがそこそこ注目されてるけど、個人的にはコッチ派。

理由はねんりきの通り良さそうだし、タイプ一致さざめきの威力が強烈そう。そして炎打点がかなり少なそう。

    

パチリス(ボルトチェンジ/かみなりパンチ/10まんボルト)

SCP1630

持ってる人うらやましい枠。でんき打点通り良さそう&刺さる場面多そう。

すっごく使いたいけどまず無理。サファリゾーン開催してくれ。基本考慮外で良い気がする。

     

有力ポケモン整理(わざ)

わざが優秀で環境に入ってきそうなポケモンを整理してみました。

    

ドラピオン(どくばり/かみくだく/アクアテールorヘドロばくだん)

最近色んなレギュレーションで市民権を得ているつよつよ蠍。なぜなら技の回転&性能&範囲が全てとび抜けてるから。

本レギュでは砦意識でアクアテール採用が増えるんじゃないかな~って気はしてる。

     

ドクロッグ(カウンター/どろばくだん/ヘドロばくだん)

本レギュで唯一のトップメタ相手に強く出れるタイプ一致カウンターと、回転の速いばくだん2種は良し。

エスパー2倍弱点とられちゃうけど、それを考慮しても全然強い。

      

ユキメノコ(こなゆき/ゆきなだれ/シャドーボール)

制限リーグの女王。DPEに優れたわざ2二種類をタイプ一致で打てるだけでもう強い。

砦を避けて起点を積めたら最強説は今回も出そう。刺さるときにはガン刺さる。

     

エンペルト(たきのぼり/ドリルくちばし/ハイドロカノン)

恵まれた耐性でターン数を稼ぎ、壊れ技ハイドロカノンをタイプ一致で打つ。

本レギュではみず技の通りはかなり良さそうなので、裏に置いて起点積むムーブ強そう。

     

ユキノオー(こなゆき/ウェザーボール/エナジーボール)

タイプ一致の二種ボールを高回転でぶつけるのが強い。

本レギュでは等倍対面より苦手対面の方が多い事が予想されるため、刺さる時に刺すポケモン感はある。

     

フワライド(たたりめ/こごえるかぜ/シャドーボール)

高回転でデバフ技と一致高威力わざを打てるのがつよいふうせん。

こごえるかぜのブラフでシールドを貼らせた時のアドがデカい。

    

有力ポケモン整理(メタ)

本レギュで上位に入ってきそうなポケモンのメタとして機能しそうなポケモンを整理しました。

     

トリトドン(どろかけ/のしかかり/だいちのちから)

トリデプス、ドラピオン、ドクロッグをどろかけで全て見れる。SCPも1585とそこそこ。

どろかけ5発でのしかかり打てるところもうま味。本レギュは草打点の採用率も少なく刺さるときは刺さる。

     

グライオン(つばさでうつ/つじぎり/じしん)

タイプ一致じしんでトップメタへのワンパン打点を持ちつつ、つじぎりブラフもできる。

どちらかというと優秀な耐性とそこそこのSCPで飯くってる。こおり打点は即死するので環境読みは必須。

     

ルカリオ(カウンター/グロウパンチorインファイトorシャドーボール)

本レギュでは貴重なカウンター枠。SCPが低いが、タイプに鋼が入っているのでそこそこ立ち回れる。

ドクロッグとの差別化点としては、耐性(特にエスパー)と、高威力タイプ一致のインファが打てること。

     

ミノマダムすなち(ねんりき/むしのさざめき/じならし)

1625という高SCPを持ち、さざめきとじならしが打て、トップメタ相手に技範囲がそこそこ広い。

ただ、厳選が普通に難しい。コイツ厳選してる人なんかおるん…?

     

ドダイトス(はっぱカッター/ハードプラント/すなじごく)

本レギュでは逆に貴重になってしまったわざ1ゴリ押し枠。トップメタに敵は多い。

Sウツボットよろしく、ある程度忘れ去られたタイミングで考慮外から殴るムーブはできたら強いかも。

     

環境考察あれこれ

①ポケモン整理&わざとタイプ打点の確認

      

とりあえず一通りここまで挙げたポケモン達をまとめるとこんな感じ。

だいぶシンプルになりましたね。

この中のポケモン達に限定して、わざのとタイプ打点の確認をしてみます。

    

①-①通りの良さそうな技タイプ

みずわざ

今回対抗するみずタイプもなく、この子の水打点を受けられるのは草タイプのみ。

その草タイプのドダイトスは等倍で入る&ユキノオーは弱点多し。

恐らく一番プレゼンスが高い打点になりそう。

    

ゴーストわざ

受けられるポケモンがドラピオン、ゴンべと少なく、起点を詰んだ際にこいつらは非常に止めづらそう。

特に流行りそうなドクロッグやトリトドンなんかをフワライドで完全封殺しつつ起点にするムーブ強そう。

     

じめんわざ

本レギュで一番意識されそうな打点。ドクロエンぺトリデドラピ…今回強そうなやつみんなの弱点をつける。

ひこうタイプを出されたら終わりな部分はあるので、ある程度は意識しとくと良いかも。

    

あくわざ

環境にいるポケモンでかくとう以外には半減されないため通りがとても良い。

こいつのかみくだくは回転も早いため、本レギュでバランサーとして生きそう。

     

①-②環境に少ない打点

ほのお打点

有用なわざでいえばロズレイドのウェザボやトリデの放射くらい?こいつらが2重弱点つかれずに済みそう。

     

フェアリー打点

使うとしたらこいつだけど…あんま出てこないとは思う。。出てこないよね????

いうて、この打点に弱点突かれるポケモンはほぼおらんので、あんま気にしなくても。

     

②環境の中心から対策への動き予想

まず、対策をしなければ勝てない、環境の中心にくるだろう壊れポケモンが2匹。

こいつと
こやつ

トリデプスは他の追随を許さない壊れSCPの為、弱点を突かないと攻略はほぼ不可能。

エンペルトは壊れ技ハイドロカノンの通りが本レギュレーションでは異常に良く、起点を作られると止めることがかなりキツくなる。

多くのパーティでの採用or意識は必ずされると思います。

       

じゃあ対策はどうするのか?というところで、挙がるのが地面&格闘打点。

この子たちがトップメタ対策として挙がってきます。

そしてこの子達を総じて見れるのが風船と三日月の化身

前述の3匹をほぼほぼシャットアウトできるのはかなり強い。

鋼+フワライド&鋼+クレセリアは裏読みをするにあたって常に頭の中に入れておいてもいいかもですね。

      

この辺りの関係が本レギュでのメジャーな環境の動きになるのではないかなぁと思います。

そしてこいつらのメタポケの増減があって、通りの良し悪しが決まってくる感じを想像してます。

     

③汎用性が高そうなポケモン

環境の広い範囲に対応ができ、環境がぐるぐるまわれどそれなりの働きをしそうなポケモン達を絞って紹介してみました。

     

Sドラピオン

わざ2が通りも良くどちらも汎用性が高いのでシールド削りをガンガンに迫れそう。

Sにすると中SCPくらいであれば大体かみくだくで2確取れるので引き先としては非常に優秀な予感。

    

ゴミミノマダム

耐性が優秀かつ高SCP。そしてねんりきの通りが本レギュレーションで良さげ。

上でも言いましたが二重弱点の炎打点が少ないため、それなりに仕事量は確保できそう。

一致さざめきも舐めてるポケモンは一撃で飛ばせる。汎用性のあるドクロッグ&クレセリアキャッチ要因。

     

エンペルト

対策はされど、みずわざの通りは良いので起点をつくってしまえば関係ないから~関係ないから~な感じ。

     

④じゃんけん大会と意識したい戦略

本レギュは狭い環境で選択肢が少ない為、出し勝ち負けのじゃんけん大会に非常になりやすいと思っています。

言い換えるとマッチ運の勝率への寄与は大きくなります。

      

一応運があるとはいえ、そんな中でも勝率を上げるためにはどうすればよいか。

個人的には、環境がいまどの辺りなのかの把握が大事だと思います。

今回の場合だと大別すると3つのフェーズ。

  • トリデやエンぺのトップメタが有象無象を蹂躙できる状況
  • トップメタが多く、それらを許さない対策が刺さる状況
  • トップメタが減りトップメタ対策の対策が刺さる状況

今どの辺りの状況が色濃いのかの把握をしてパーティ選択することで、多少なりとも勝率の向上に寄与するのではないかと思います。

     

今回はあまえるゴリやはっぱゴリのギミックパーティは正直そこまで居ないとは思います。

直近で言うとハロウィンカップみたいな感じの動きに近くなるんじゃないかな~と。

ですので、

メジャーな相性補完はどこか。そこに対する対策は?そいつら含め広く打点を持てるポケモンは?

を常に意識すると

  • 上で言うところのフェーズの把握
  • 刺さるポケモンを選べる確率の上昇

これらの勝率アップに寄与できる要素がつかめるんじゃないかと思います

例えば、今回でいえば鋼+フワライドは間違いなくメジャーな相性補完になってくるので

トリデ+フワライドを破壊できるのはエンペルト。エンぺ+フワライドを破壊できるのはユキノオー。

なーんて感じで色々思考をめぐらせておくと、後々環境が進んでpt組む時になった時助かるかなーなんて思います。

    

もう一つ意識したいのは、じゃんけんの外側から戦う事

環境が固まってきたり、有力者がパーティ紹介したりすると、みんなメジャーな環境ポケモンを使ってきます。

このメジャー同士戦いに巻き込まれると、相手もきっちり対策をしている事が多いですので

結局初手裏のじゃんけんで、有利対面を作れた方が勝ち。。という試合展開になりやすいです。

この膠着状態をブレイクするのが「考慮外or考慮の外側から殴る」こと

例を挙げると、大体特殊レギュ中盤位にSウツボが刺さって話題になる現象なんかはそうじゃないかと。

私の愛用している原種キュウコンも常にマイナー寄りの立ち位置なので考慮されてなく刺さる事が多いです。

こんな感じに、固まったじゃんけんの流れから一歩二歩外に出たポケモンの活用のチャンスを、前述のフェーズと共に探ってみるのも楽しいかもですね

あぁ…パチリスめっちゃほしい

ちなみにみんポケシンオウ大乱闘では、ガバイトの火炎放射でうちのミノマダムが燃やされました。

まさに考慮外です。

   

あとは結局は自分の考察を信じてブレない心を持つことですね。

どうやったら勝てたかを常々考えて、パテ負けでノーチャンな対戦が大多数だなと感じるまでは自分が出した答えを信じて勝ち筋を詰める事がじゃんけん大会に勝つ秘訣だと勝手に思ってます。

グーを「勝てるグー」に磨くんすよ(超絶イキりキメ顔ムーブ)

      

使ってみたい軸

ここまで考察してきて、個人的に使ってみたい軸を挙げてみました。

   

ユキノオー-トリトドン軸

プレゼンスが高く流行るだろうエンペルトに強く出れて、かつ環境に対して汎用性のある2匹の組み合わせ。

ユキノオー自体が考慮薄目だとは思うので、そこを逆手にとって攻めていく軸。

クレセリアが若干重い為、こいつの表裏の流行りは確認しておかないと苦しめの対戦が増えそう。

+@としてはバランスを取るなら、この2匹の苦手を広めに見れるゴミミノマダム。

格闘打点が減ってきたようであれば、そこを無視してエンペルトなんかを組ませてみても面白いかもしれない。

    

おわりに

今回はシンオウカップの環境考察をしてみました。如何だったでしょうか?

    

マスクラ期間全休を決め込んでいる自分からしたら、頑張らないといかんな~という気持ちはあるのですが。。

今シーズンはバグや総レートの押しあがり鈍いのもあり、なんともやる気スイッチがパキっと入らない…

勝利期待度の高い、固定パーティが生まれれば色々な意味で楽になるのでよいのですが。。

    

まぁ、なにはともあれ無駄な事グチャグチャ考えるよりは新規レギュレーションの動きに集中してするのがいいんですかね。

楽しむ気持ちがあればなんでかんで楽しめそうな気がしますから。

     

シーズン10も中盤戦に入ってきましたが、焦らず一歩一歩を登山していきましょうか!

      

新年も皆様がいい夢見られますように!またね~

お役に立てましたら、Twitterフォロー、記事のRT是非是非宜しくお願い致します!