【ポケモンGO】適切なアドバンテージを作れてますか?勝敗をひっくり返す技術、交代受けを解説!【GOバトルリーグ・GBL】

【ポケモンGO】適切なアドバンテージを作れてますか?勝敗をひっくり返す技術、交代受けを解説!【GOバトルリーグ・GBL】

2021年9月18日

この記事を読むと

・交代受けってどうやるの?
・交代受けってしたほうがいいの?
・交代受けをしたけど上手く勝てない…

なんて疑問が解消します。

    

この記事を読む前に「カウンティング」を習得しているとより理解が深まります。

      

カウンティング解説の際、わざ2は戦局へ大きく影響を与える話をしたと思います。

今回は、そのわざ2に対して有利な一番有名だろうアクションの交代受けについて解説をしようと思います。

youtuberの動画を見てると、

ここっ!

なんて言って、交代受けを決めているの瞬間は映えますし、見てて楽しいですよね。

あれはどうやったら出来るのでしょうか?

また、あれをすることによって戦局にはどんな影響があるのでしょうか?

今回はそんなことについて解説していきます。それではいきましょう。

     

交代受けとは

そもそも交代受けってどんな行動のことをいうのでしょうか?

知らない方のために論より証拠、まずは見ていただきましょう。

Special thanks いつものサムネ絵師

交代受けとはこの通りに

相手のわざ2の発動タイミングに合わせてポケモンを交換し、有利なポケモンでわざ2を受けること

をいいます。

      

交代受けをする意味

交代受けってすると何で勝てるんだろう?

そう思った事はありませんか?私も最初はそうでした。

正直ここの答えは人それぞれだと思いますので、明確な答えではないところはありますが、

交代受けをする事で得られるメリットは

  • 相手のエネルギーを無駄にできる
  • 相手のわざ2のダメージを最小限にできる

この二点が大きいものとして挙げられます。

そして、これらのメリットを享受することで

「ダメージレースに勝つ

というのが最終的な目的になると私は思っています。

      

交代受けを成功させて、一時的なメリットを享受したところで、その交換が原因で最終的なダメージレースに負けてしまっては元も子もありませんね。

具体例をあげると、

マリルリのじゃれつくをフシギバナで交代受けを成功させたぞ!

でも向こうはエアームドを出してきて、こちらはなすすべなく起点にされてしまった…そして貯められたゲージでブレイブバード連打されて不利になってしまった…

こんな感じです。

所謂負け筋になる交代受けってやつですね。

交代受けむやみやたらに決めればいいものではないという事は心に刻んでおきましょう。

     

交代受けの成否とリスク

交代受けとは何ぞやという事を説明しましたが、もう一点実践する前に把握しておくことがあります。

それは、交代受けの成否は「相手の発動タイミング」によるところがあり、狙って100%成功する訳ではないということです。

バトル中はCCTもあり、常に相手が最速でわざ2を打ってくるわけではありませんし、

上級者になると、相手が交代受けをしようとしているのを読んであえてタイミングをずらしてきたりもします。

ですので、決まらなかった時のリスクはどうなるのかという認識が少しでもあると、

負け筋に繋がる交代受けが減ると思います。

特に初心者の方は覚えておきましょう。

        

交代受けの入力タイミング

さて、これから技術的なお話に入ります。

いざ交代受けをやってみようとすると、

交代受けって、タイミング難しくない?よくわからない…

そう思われる初心者の方は多いと思います。

適当に交代ボタンを押しても、上手く交代受けはできません。

相手のわざ2の発動タイミングを読んで、かつタイミングを計る必要があります。

じゃあ、どこが適切なタイミングなのでしょうか?考えてみましょう。

       

CCTに引き続き、横軸を時間にとってみました。

今回は3ターンわざである「チャージビーム」と、2ターンわざである「つるのムチ」を例にあげてみます。

わざのそれぞれの流れはこんな感じになりますね。

仮に6ターン目にチャージビーム側がわざ2を打ってくるとします。

つるのムチ側はどのタイミングで交代をすれば良いのでしょうか?

そんなの簡単!同時だから6ターン目!

正解です。ターン数が同じなので交代受けが綺麗に決まりますね。

では、次の問題です。今度はチャージビーム側が3ターン目にわざ2を打ってくるとします。

今度はどのタイミングで交代をすれば良いのでしょうか?

今度は同時に交代ボタンを押せない…どうしよう…

つるのムチ側が交代を発動できるタイミングはわざの切れ目がある2ターンor4ターン目になりますね。

この場合は2ターン目が正解です。

4ターン目に交代しようとしても、先にわざ2が発動してしまい、交代ができません。

2ターン目の場合
4ターン目の場合

これらのことから、交代受けが成立するための発動タイミングは

あいてのわざ2の発動と同時のタイミングか、その前のタイミング

であるということがわかりますね。

この内容がわかって、後は相手のわざ2の発動タイミングをカウンティングから読めれば、もう交代受けは半分マスターしたようなもんだね!

    

有効な交代受けの例

最初に交代受けは「ダメージレースで勝つためのもの」という説明をしました。

以下に、その視点に基づく勝ち筋に繋がる有効な交代受けの例をいくつか挙げてみました。

参考にしてみてください。

        

①相手の大技を無駄にする

わざ2の中で、消費エネルギーが60を超えてくる大技は大きなダメージが発生しますよね。

そのわざ2を有利な耐性のあるポケモンで受けられたらどうでしょうか?

エネルギーを貯める手間を考えると、大分有利に試合に運べます。

Gマッギョの打ってくるじしんを二重耐性のあるファイアローで交代受け

なんかを想像してみてください。間違いなく爆アドですね。

     

②3枚目のシールド

ミリ残しして控えに残してあるポケモンを、バトルの終盤で交代受けとして出して3枚目のシールドとして使うのも非常に有効な戦術です。

お互いシールドが無く、かつわざ2決めれば勝てる状況で、わざ2のエネルギーが溜まるのは相手のほうが早い…

そんな時に相手のわざ2をミリ残しのポケモンで交代受けを決めれば、相手がゲージを無駄にした分でこちらのほうが早くゲージが溜まり倒せて勝利!

…なんて事が出来ます。

勝敗をひっくり返せる非常に有効な手段と言って良いでしょう。

      

③初手対等対面における交代受け

初手でほぼ対等対面で、最終的に微負けしてしまう場合での交代受けも有効です。(初手ラグラージミラーでの同発負けとか)

こういう時の同発負けとかね

交代受けを成功させて、相手のエネルギーを無駄にでき、自分のポケモンはエネルギーを温存できることで、

その差し引きによって、ダメージレースが逆転することがあります。

環境において追われづらいポケモンを引き先採用していたら、狙ってみる価値はあると思います。

       

交代受け対策

ここまで読んで

相手がしてくる交代受けって対策できないの?

と思われた方、いらっしゃると思います。

結論からいうと、相手のわざ1が1ターンわざで無ければ対策出来ます

どうやるのかを言葉で説明すると、

相手が交代受けをしてきそうなタイミングでこちらのわざ1の入力を止め、相手のわざ1発動を確認した瞬間にこちらのわざ2を発動する

といったものになります。

字面だけ見るとなんのこっちゃですね。

図示してみると、こんな感じになります。

チャージビーム側は6ターン目で相手が交代してくると読んで、6~7ターン目は手を止めて入力をせず、

つるのムチ(今回は6~8ターン)の発動を確認してから7ターン目に即わざ2を発動しています。

これによって、チャージビーム側はつるのムチ側にわざ2を避けられることなく当てれる事がわかりますね。     

一見ターンを無駄に消費することで、損するような動きには見えますが、

前述②の相手が3枚目のシールドとして交代受けを狙ってくる場合なんかにおいて非常に有効な手段です。

知っているだけで、拾える勝ちが増える可能性があるテクニックです。覚えておきましょう。

            

おわりに

今回はプレイング中に有効なテクニックで一番有名だろう技術について解説しました。

いかがだったでしょうか?

カウンティングがそれなりに出来るようになって、相手のわざ2を打つ状況が読めてくると、ここしかないというタイミングがある程度わかってくるようになります。

負けを勝ちに出来る可能性のある非常に大事な技術となりますので、積極的にマスターしていきましょう!

      

裏読みやダメージ感覚と合わせてマスターできるようになれば、

この子のこのわざ2を交代受けできれば、相手の裏にいるあの子に追われてもダメージレースで勝てるな!

この子のわざ2の威力程度なら、交代受けしないで今の子のわざ2で圧ほうがダメージレース上では勝てるな!

こんな感じで応用が効いていき、見えなかった勝ち筋が見えるようになる、どんどん進化していく技術だと思っています。

ここに関してはやはり日々の積み重ねと経験がものをいうところはあるので、意識するしないで差が出る部分です。

積極的にスキルをアップデートして、その先にあるいい夢をつかみとりましょう!