【ポケモンGO】同時発動や奇襲って?応用プレイングスキル中級編!【GOバトルリーグ・GBL】

【ポケモンGO】同時発動や奇襲って?応用プレイングスキル中級編!【GOバトルリーグ・GBL】

2021年10月6日

この記事を読むと

よく聞く同発や奇襲ってなんのこと?
それらを使うとどういうメリットがあるの?
CCTや交代受けを利用した応用技術って何かないの?

なんて疑問が解消します。

     

この記事はCCTカウンティングを習得しているとより理解が深まります。

    

プレイングスキルを突き詰めてくると、色々なことに応用が効くということを交代受けの解説の際に説明しました。

今回は基礎技術を応用して出来るスキル3つについて解説します。

これらの技術を習得すると、より勝ち筋がつかめる試合が増えたり、その逆で相手の勝ち筋を潰せるようになったりします

どちらの技術も原理を理解すれば実践は簡単な部類かとは思いますので、

是非是非、頑張ってマスター頂けたらと思います。

それではいきましょう!

        

同時発動

CCTの解説の際に「差し込みは出来るだけ避けたい事態」と解説した事を覚えてますでしょうか?

一回わざ1を差し込まれてしまったせいで、相手のわざ2のエネルギーが溜まり負けてしまった…

こんな経験は皆さん一度はされたことがあるとは思います。

特に、ゲージ回転の速いニョロトノやドラピオン、ヨクバリスなんか相手にするとよく起こる事象かなと思います。

更に同ターンわざ同士の対面だと、本当嫌になるくらい差し込み、差し込まれが起きますよね。

こんな差し込みの運に振り回されてたまるか!!

そんなことを思う方の為に、同時発動があります

やり方は文字の通り簡単で、

相手のわざ2の発動タイミングにあわせて自分のわざ2を発動させる

だけです。

これを成功させると、

  • 差し込みリスクを無くす
  • 自分のわざ2の発動によるターンロスを無くす

ことが出来ます。

CCTの場合と比較するとこんな感じ。

CCTでわざ2を打った場合
6ターン目に同時発動を成功させた場合

上でご紹介したメリット2点がわかると思います。

このように稼いだ1ターンの積み重ねで、わざ2が1発多く打てたりして勝ち筋に繋がるわけだね!

     

先にメリットをお話ししましたが同時発動も交代受けと同じく、相手のわざ2の発動タイミングが読めている前提の話ですので、

成功はあくまでその相手のタイミング次第になります。

失敗した場合、差し込みリスクを負うことになりますので、特にひっ迫した場面で無い限りはCCTのほうが安定性の高い行動になる事を覚えておきましょう。

        

奇襲

奇襲と呼ばれている技術をご紹介します。

まずやり方ですが、

ポケモンをエネルギーを貯めた状態で交換し、わざ2を発動できる状態で裏に待機させる

交代ゲージが溜まったら、適切なタイミングで交換と同時に即わざ2を入力

これで奇襲が出来ることになります。    

いつものごとく文字だけではわかりづらいですので、動画を見てみましょう。

Special Thanks サモサ様(twフォローしてね!)

どうでしょう?

相手のミュウツーが対面を維持したいと思い2枚目のシールドを張った直後に、ギャラドスのアクアテールが決まりミュウツーがエネルギーを抱え落ちしました。

この場合のミュウツー側のシールドは張り損となり、この時点で対戦の形成が大きく変わったのがわかると思います。

上位プレイヤーは交代受けとセットでこの奇襲を仕掛け、サイクル戦で優位を細かく重ねて勝ち筋をみつけてきます。

だし負けを捲るために是非身に着けたい技術だといえますね。

     

ここまでの解説を見て、  

そんなの相手が奇襲するのを見て、こっちも交換受けすれば防げるんじゃないの…?

と思う方がいらっしゃるかもしれません。

それに対して結論からいうと非常に難しいです。

なぜなら、奇襲に反応するためには

相手が交換したのを確認してから0.5秒以内に反応して交換ボタンを押さなければならないからです。

普通に考えれば、そんなの常人の反応速度ではほぼほぼ不可能ですよね。

まさに奇襲の名の通りの技術です。

ちなみに、私も奇襲が来ると読めた時は決められたくないのでノールックで交代ボタンを連打します。

      

わざ1の交代受け

わざ2の交代受けよろしく、わざ1も交代受けをすることができます。

まずはこちらの動画を見てみましょう

Special Thanks いつものサムネ絵師

ギャロップの2発目のやきつくすが交代先のGマッギョに入っているのがわかりますでしょうか?

このように、交換するタイミングを気を付ければこのようにわざ1のダメージを交代先で受けることが可能です。

今回のこの現象を図示してみましょう。

焼き尽くす2発目のダメージ判定がある9ターン目までにボルチェン4ターン×2+交換1ターンが完了していることがわかりますね。

このようにわざ1の交換受けが出来ると、土壇場の不利対面でエネルギーをギリギリまで貯める事が可能になり、勝ち筋をつかむことができたりします。

正直、使用する場面としては上二つと比べてそこまで多くはありませんが、理解しておくと役立つ技術ではあると思います。

     

おわりに

今回は、基礎技術から派生した応用スキルについて少し解説しました。いかがだったでしょうか?

基礎技術を理解していると、シンプルなルールの組み合わせでこのような応用技術があるんだということがすこしでも伝わったら嬉しいです。

レジェンドを目指す際のレジェチャレ帯で安定した成績を残すには、これらの技術は必須であり、カウンティングと合わせていかに丁寧にできるかが問われるようになると私は思います。

私自身もそこまで完璧にできてるわけではないけど…細かいことは気にしない!

是非是非理解して実践して、その先にある勝ちをつかみ取ってください!

    

こんかいの記事はここまで!いい夢見ていきましょう!